桐岳寺(とうかくじ)|島根県松江市|五百羅漢|墓地|永代供養|水子供養|春台さん|庭園

 

和尚のブログ

 

行事報告

行事報告
フォーム
 
ご下賜金拝受
2018-12-26
 更生保護法人「しらふじ」にご下賜金のご沙汰があり、大変緊張した中での伝達式がありました。式中の謝辞をご覧下さい。
 
 更生保護法人しらふじを代表いたしまして一言御礼の御挨拶を申し上げます
天皇陛下御誕生日の吉辰にあたり、更生保護事業奨励の思召しをもちまして、畏くもしらふじに御下賜金の御沙汰があり、本日ここにいとも厳粛な伝達式が挙行され、ただ今感激の内に拝受致しました。
 また、○○松江保護観察所長様には御丁重なる御挨拶いただき、更には松江地方検察庁○○検事正様、溝口島根県知事様には大変お心の籠った御祝辞を賜り、まことに有難うございました。
 このような栄えある御沙汰を賜りましたことは、私どもしらふじの運営に携わってまいりました者にとりまして無上の光栄でありますことはもとより、利用者全員が等しく感銘するところであり、必ずやその改善更生に大きな励ましとなることと確信致しております。
 また、今日までしらふじを運営することが出来ましたことは、松江保護観察所様をはじめ、関係機関並びに県下の保護司会、更生保護女性会の皆様、地区町内の皆様の暖かい御支援の賜物と深く感謝を申し上げるものであります。
 私ども役職員一同はこれを契機として更に一層の努力を重ね、社会の期待に応えるべく処遇の充実強化と運営の安定を図り、利用者の自立更生のために邁進することをここにお誓い申し上げるものであります。
 終わりにあたり、年の瀬何彼とご多繁の中御臨席賜りました御来賓の皆様、御参列の皆様に衷心より感謝と御礼を申し上げ、甚だ粗辞ではありますが御下賜金拝受の御礼の御挨拶とさせていただきます。
     平成30年12月26日
                      更生保護法人しらふじ理事長 大野美雄
 
総務大臣表彰
2018-12-01
 

 長い間町内会長を務めましたので、去る1128日、自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰の受章式に参列しました。総務省の地下講堂で、厳粛な式典でした。在任中に実に様々なことがありましたが、その都度心ある人に助けていただき、やり遂げてよかったナーとしみじみ思いました。

 終ってから久しぶりに靖国神社にお参りしました。大都会の真ん中ではありますが境内は静寂そのもので、国の大事に召されて尊い命を捧げた数多の英霊に、多くの人々が頭を垂れ静かに祈っていました。今日の我が国の平和と繁栄は、靖国に祀られている多くの兵隊さんのお蔭と深く感じ、心から祈りを捧げました。次は桜の咲く頃にお参りしようネと、家内と話しました。

 時々テレビで放映されるあの喧噪はまったくありませんでした。

 
庭園の紅葉
2018-11-27

 書院庭園の楓が紅葉しました。今年は晩秋の冷え込みが緩く、紅葉に若干冴えがたりません。時々見学に来られる人もあります。

 
しらふじバザー
2018-11-12

 1111日、更生保護法人しらふじでバザーを開催しました。当日は快晴に恵まれ、本当にたくさんの人が来て下さいました。入所者全員に役割を振り分け、笑顔で対応、明るい挨拶をするよう訓示して始まり、責任もって役割を果たした顔は輝いていました。この経験が更生に少しでも役立ってくれることを祈りました。

 更生保護女性会の皆さまもたくさん手伝って下さいました。評判のおでんコーナーでは私も食べました。

 
留学生さんの座禅体験
2018-11-09

 119日、島根大学の語学留学生の皆さまが座禅体験学習に来て下さいました。台湾、中国、韓国、ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、アメリカ、ドイツ、フランス、アイスランドから来日した学生さんでした。日本文化を学ぼうとする一生懸命な姿に感心しました。言葉に心配しましたが、さすがに語学留学生さんですので日本語が堪能でした。

 日本の良いところも悪いところもしっかり見て、お国に帰ったら正しく伝えて下さいネ、そして、将来は日本との懸け橋になって下さいネとお話ししました。まことに細やか国際交流でした。

 
良寛さん縁のお寺と蓮台寺参拝
2018-10-31
 10月25・26日、教区護持会主催の研修旅行で岡山県に出かけました。修行道場の洞松寺では約20人の雲水のうち、半数以上が外国人で、アメリカ、ドイツ、ベルギー、ニュージーランド、ポーランド等々の方々が一生懸命に仏道修行に励んでいました。
 続いて、かくれんぼやまりつきで有名な江戸時代後期の禅僧「良寛」さんが修行した円通寺にお参りしました。今もなお茅葺の大きな本堂、良寛さんが印可証明を受けたといわれるお部屋も見学させていただきました。さぞや維持管理が大変だろうなと思いました。ついついそういう目で見てしまいます。
 宿泊の鷲羽山グランドホテル露天風呂からの、瀬戸大橋と海に沈む真っ赤な夕日は絶景でした。
 翌26日は真言宗別格本山蓮台寺お参りし、名物の厄除けあんころ餅と巨大な茶碗で飲む抹茶「大茶盛」をいただき、藩主池田候御成りの間を見学しました。
 
送り盆 灯篭流し
2018-08-18

 水郷祭花火大会と並ぶ松江の夏の風物詩「灯篭流し」が16日夕刻、大橋河畔で行われました。危険なほどの猛暑が少し和らぎ、夕涼みを兼ねてたくさんの人々が見物に来ました。流れゆく灯篭を見ながら楽しそうに談笑するアベックや、大切な人の初盆を迎えた人でしょうか、手を合わせて一心に祈る人の姿もありました。

 川岸に寄り添って流れを拒むひと塊の灯篭がありました。帰りたくなかったのでしょうか。 それぞれのお盆でした。

 今年は川施餓鬼法要の導師を務めました。

 
水郷祭花火大会
2018-08-05

 昨4()夜、宍道湖において夏恒例の松江水郷祭花火大会が開催されました。浴衣姿の子どもさん娘さん、松江にもこんなにたくさんの人が居るのかと思うほど老若男女で賑わいでした。それもそのはず、30万人の人出だったそうです。また、祭りの雰囲気を盛り上げる屋台もたくさん出て大変なお祭りでした。

 1時間の間に大小1万発の花火が湖面を彩り、それはそれは見事なもので息をつく暇もないほどでした。

 私のつたない文才ではとても表現できません。浦島太郎が竜宮城を「絵にも描けない美しさ」と表現したのが分かるような気がします。浦島太郎も文章表現力は私と同じ程度だったことでしよう。

 翌今朝は清掃作業のボランティアに参加しました。昨夜の喧騒が嘘のように、穏やかな宍道湖が広がり、人々は日常の朝を迎えていました。夏の一夜の夢でした。

 
間もなくお盆です
2018-07-19

 蝉の声、下駄の音、浴衣、提灯、線香の匂い・・・・。「お盆」という言葉を聞いただけで包まれる切ない思い。さあ、今年こそは故郷へ帰りましょう。両親が健在であってもなくても、地理的な意味だけでなく、親元へ里帰りする。それが「こころの故郷」、お盆の行事です。小さいころに抱かれたその故郷に帰るように、何の疑いもない安らぎの里に帰ってみましょう。

 思い出話にひと区切りついたら、みんな揃ってお寺詣り、お墓参り。ご先祖さまに元気な姿を見ていただきましょう。お盆は、ご先祖さまが遠い昔から育ててきた「こころの集い」なのです。

 間もなくお盆です。帰省の予定はたっていますか? 親子兄弟、子どもさん、お孫ちゃんが集う予定はたっていますか?

 
教えていただきました
2018-07-18
 6/30のブログで珍しいキノコ記事を載せましたが、日生レディーの方が教えて下さいました。
スッポンタケ科キヌガサタケ属、和名「衣笠茸」と呼びます。その優美な姿から、「キノコの女王」との別称を持っています。
 発見した時、私はあまり感じませんでしたがとても臭いそうです。臭い部分を取り除くと、深いコクと旨みのあるキノコだそうです。中国やフランスでは高級食材として扱われ、日本でも乾燥品が販売されているそうです。食べようとはあまり思いませんでしたが・・・・・。
 あ、もう一つ、この年になって何をいまさらと思って生命保険には入りませんでした。でも、日生レディーはさすがです。いやな顔一つ見せずに笑顔で帰って行かれました。喜怒哀楽がすぐ顔に出る私は、キノコのおかげで大変よい人生勉強をさせていただきました。
qrcode.png
http://toukakuji.jp/
モバイルサイトにアクセス!
019033
<<桐岳寺>> 〒690-0872 島根県松江市奥谷町279 TEL:0852-21-5024 FAX:0852-23-6865