桐岳寺(とうかくじ)|島根県松江市|五百羅漢|墓地|永代供養|水子供養|春台さん|庭園

 

和尚のブログ

 

行事報告

行事報告
フォーム
 
良寛さん縁のお寺と蓮台寺参拝
2018-10-31
 10月25・26日、教区護持会主催の研修旅行で岡山県に出かけました。修行道場の洞松寺では約20人の雲水のうち、半数以上が外国人で、アメリカ、ドイツ、ベルギー、ニュージーランド、ポーランド等々の方々が一生懸命に仏道修行に励んでいました。
 続いて、かくれんぼやまりつきで有名な江戸時代後期の禅僧「良寛」さんが修行した円通寺にお参りしました。今もなお茅葺の大きな本堂、良寛さんが印可証明を受けたといわれるお部屋も見学させていただきました。さぞや維持管理が大変だろうなと思いました。ついついそういう目で見てしまいます。
 宿泊の鷲羽山グランドホテル露天風呂からの、瀬戸大橋と海に沈む真っ赤な夕日は絶景でした。
 翌26日は真言宗別格本山蓮台寺お参りし、名物の厄除けあんころ餅と巨大な茶碗で飲む抹茶「大茶盛」をいただき、藩主池田候御成りの間を見学しました。
 
送り盆 灯篭流し
2018-08-18

 水郷祭花火大会と並ぶ松江の夏の風物詩「灯篭流し」が16日夕刻、大橋河畔で行われました。危険なほどの猛暑が少し和らぎ、夕涼みを兼ねてたくさんの人々が見物に来ました。流れゆく灯篭を見ながら楽しそうに談笑するアベックや、大切な人の初盆を迎えた人でしょうか、手を合わせて一心に祈る人の姿もありました。

 川岸に寄り添って流れを拒むひと塊の灯篭がありました。帰りたくなかったのでしょうか。 それぞれのお盆でした。

 今年は川施餓鬼法要の導師を務めました。

 
水郷祭花火大会
2018-08-05

 昨4()夜、宍道湖において夏恒例の松江水郷祭花火大会が開催されました。浴衣姿の子どもさん娘さん、松江にもこんなにたくさんの人が居るのかと思うほど老若男女で賑わいでした。それもそのはず、30万人の人出だったそうです。また、祭りの雰囲気を盛り上げる屋台もたくさん出て大変なお祭りでした。

 1時間の間に大小1万発の花火が湖面を彩り、それはそれは見事なもので息をつく暇もないほどでした。

 私のつたない文才ではとても表現できません。浦島太郎が竜宮城を「絵にも描けない美しさ」と表現したのが分かるような気がします。浦島太郎も文章表現力は私と同じ程度だったことでしよう。

 翌今朝は清掃作業のボランティアに参加しました。昨夜の喧騒が嘘のように、穏やかな宍道湖が広がり、人々は日常の朝を迎えていました。夏の一夜の夢でした。

 
間もなくお盆です
2018-07-19

 蝉の声、下駄の音、浴衣、提灯、線香の匂い・・・・。「お盆」という言葉を聞いただけで包まれる切ない思い。さあ、今年こそは故郷へ帰りましょう。両親が健在であってもなくても、地理的な意味だけでなく、親元へ里帰りする。それが「こころの故郷」、お盆の行事です。小さいころに抱かれたその故郷に帰るように、何の疑いもない安らぎの里に帰ってみましょう。

 思い出話にひと区切りついたら、みんな揃ってお寺詣り、お墓参り。ご先祖さまに元気な姿を見ていただきましょう。お盆は、ご先祖さまが遠い昔から育ててきた「こころの集い」なのです。

 間もなくお盆です。帰省の予定はたっていますか? 親子兄弟、子どもさん、お孫ちゃんが集う予定はたっていますか?

 
教えていただきました
2018-07-18
 6/30のブログで珍しいキノコ記事を載せましたが、日生レディーの方が教えて下さいました。
スッポンタケ科キヌガサタケ属、和名「衣笠茸」と呼びます。その優美な姿から、「キノコの女王」との別称を持っています。
 発見した時、私はあまり感じませんでしたがとても臭いそうです。臭い部分を取り除くと、深いコクと旨みのあるキノコだそうです。中国やフランスでは高級食材として扱われ、日本でも乾燥品が販売されているそうです。食べようとはあまり思いませんでしたが・・・・・。
 あ、もう一つ、この年になって何をいまさらと思って生命保険には入りませんでした。でも、日生レディーはさすがです。いやな顔一つ見せずに笑顔で帰って行かれました。喜怒哀楽がすぐ顔に出る私は、キノコのおかげで大変よい人生勉強をさせていただきました。
 
社会を明るくする運動
2018-07-03

 71日より法務省主唱の「社会を明るくする運動」月間が始まりました。2日にはJR松江駅前でセレモニーが行われ、私も参加しました。一日松江保護観察所長に、玉湯中学2年生の村上優斗くんが委嘱されました。村上くんは昨年の第67回社会を明るくする運動作文コンテストで、最優秀賞を受賞しています。また、私の大学、本山修行の同級生のお孫さんです。セレモニーで作文を朗読しましたが、とても素晴らしい内容でした。利発そうな、そして目が輝いて、なんか久しぶりに生きいきとした少年らしい少年を見た気がしました。

 犯罪の件数は減少していますが、再犯率は50パーセントもあるそうです。再犯を防止し安全安心の社会を構築するには、彼らに生きがい(仕事)と居場所(住まい)を持たせることが大切と言われています。しらふじの社会的使命はますます大きくなり、期待もされています。私もこころを引き締めて頑張るつもりです。

 因みに、私の同級生は今年の春のお彼岸に他界しました。生きていればきっと喜んだことでしょう。彼のことを思い出しながら作文を聞きました。

 
珍しいキノコが生えました
2018-06-30
 庭園の竹林に珍しいキノコが生えました。きれいな、繊細なキノコです。10年位前に一度生えたことがありましたが、その時以来です。以前に新聞に大変珍しいキノコとして載っていたことがありましたが・・・・。
どなたか名前等ご存知でしたら教えて下さい。
 
終わりました
2018-06-21
 6月20日、松江一中教育後援会の役員会が開催され、平成20年からの会長職がやっと終わりました。
 昭和61年、城北小学校PTA会長になって以来、一中、北高のPTA会長、城北小、一中の学校評議員、教育後援会長等を務めさせていただきました。私の子ども世代が今PTAですので、ずいぶん長い間学校と係わって来たことになります。多くの先生方、保護者、学校を支えてくださる地域の方との出会いがありました。また、子どもを取り巻く環境もすっかり変わりました。もう変化に付いて行くのも大変になりました。
 これで学校関係のすべての役職が終わりました。その間、実に様々なことがあり脳裏に去来しますが、良い人生勉強をさせていただいたとしみじみ思う昨今です。
 
しらふじ理事長就任
2018-06-19
 厚生保護法人「しらふじ」の理事長に就任しました。淵源は明治44年、島根授産会として創立され、津森百太郎翁を保護主任として事業を開始しました。その後「松江更生保護会」「島根更生保護会」、平成27年「しらふじ」と名称変更して現在に至っています。平成25年には施設の全面新築をしました。
 しらふじのような更生保護施設は、全国の都道府県に1~2ケ所ありますが、島根県はしらふじのみです。
 犯罪や非行をした人たちの中には、刑務所や少年院等で過ちを償い社会に出たものの、頼るべき身内や縁故者がなく、不安の中で人生を再出発する人たちがいます。しらふじは、このような人たちに必要な保護(宿泊や食事の提供・生活指導・職業指導等)を行って、正しく生きる力と希望を与え、社会復帰ができるよう援助し、再犯の防止に努めるところです。
 桐岳寺とも縁が深く、島根の更生保護のフロンティアと称された津森百太郎翁は、昭和16年に逝去し桐岳寺に葬られました。また、現在の地は久城春台さんの屋敷跡で、春台さんが医療活動に使用した「春台井戸」がそのまま残されています。
 まったくの無報酬のボランテアですが、大変大きな責任を負うこととなりました。そろそろ終活に入る歳となりましたが、人生最後のご奉公と思って一生懸命務める所存です。皆さまのご協力をお願いいたします。
 インターネットのグーグルで「しらふじ」と検索すると、しらふじのホームページを見ることが出来ます。是非見てください。そして、お一人でも多くの方に更生保護についてご理解いただきたいと願っています。
 
日本列島クリーン大作戦
2018-06-12
 6月10日(日)朝7時30分より日本列島クリーン大作戦宍道湖一斉清掃に参加しました。生憎の梅雨空で雲が低く垂れこめ今にも降り出しそうでしたが、これも又いかにも山陰らしい光景でした。
 宍道湖はラムサール条約に指定されています。四季折々、日々刻々と表情を変えながら、松江の町を優しくつつむ宍道湖の夕映えの美しさに感動した作家は多く、小泉八雲、田山花袋、阿部知二、石川淳、村松友視など多くの作家が文章に記しています。
qrcode.png
http://toukakuji.jp/
モバイルサイトにアクセス!
015503
<<桐岳寺>> 〒690-0872 島根県松江市奥谷町279 TEL:0852-21-5024 FAX:0852-23-6865