桐岳寺(とうかくじ)|島根県松江市|五百羅漢|墓地|永代供養|水子供養|春台さん|庭園

 

和尚のブログ

 

行事報告

行事報告
フォーム
 
女川原発視察
2016-10-31
 10月18~20日、松江市町内会・自治会連合会で宮城県の女川原発の視察に行きました。島根原発とほぼ同規模・同型で、3.11以降の安全対策について説明を受けました。二重三重に対策が強化されていました。私設避難所を開設運営された自治会と意見交換会をしましたが、避難所生活の大変さを聞かせていただきました。女川も大きな津波被害を受け、全く新たな街づくりが進められていました。女川の人々が一日も早く安心な生活が出来るように祈りました。
 
水燈路(すいとうろ)
2016-10-15
 10月の土・日曜日の夜はお城やお堀の周りに市民手作りの行灯がたくさん灯され、多くの人出で賑わっています。とても幻想的な雰囲気で、松江の秋を代表する風物詩となっています。どうぞ松江においで下さい。
 
濃霧
2016-10-15
冷え込みの厳しい朝には、松江はよく霧が立ち込めます。今朝は今年一番の濃霧でした。
 
お月さま
2016-10-15
 健康のために「真夜中のサイクリング」を始めました。今日15日午前2時40分、松江市上空のお月さまがとてもきれいでしたので、中海大橋から撮影しました。
 
彼岸花が咲きました
2016-09-19
 今日は秋の彼岸の入りです。合わせたかのように書院庭園に彼岸花(曼珠沙華)が咲きました。殊の外厳しかった夏の暑さも過ぎ、やっと凌ぎやすくなってきました。大自然の季節の移ろいに感心します。
 「曼珠沙華」は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。花言葉は、「再会」「悲しい思い出」「あきらめ」等です。
 田んぼの畦道などに群生し、あの世とこの世がもっとも通じやすい、お彼岸の時期に咲く花でもあります。
 
城北夏まつり
2016-08-22
 21日(日)、第24回城北夏まつりが開催され、実行委員長として開会の挨拶をしました。とても暑い夜でしたが、地区内の老若男女たくさんの人が来てくださいました。城北小学校のブラスバンド、コーラス、松江北高の吹奏楽部、大道芸のパホーマンス、特別出演「仁多乃炎太鼓」等の演目で楽しみました。
 
灯籠流し
2016-08-18
 16日、松江仏教会主催の灯籠流しが大橋河畔でありました。お盆でお迎えしたご先祖さまをお送りする行事で、松江の風物詩となっています。とても幻想的な風景で、今年は亡母の初盆でもあり思いも一入でした。
 
桐岳寺施餓鬼法要
2016-08-03
 昨日2日は何百年来恒例の桐岳寺施餓鬼法要を行いました。暑いあつい一日でしたが、遠方は東京から、兵庫県からもお参りいただき、沢山の方でとても盛大でした。お盆間近でご先祖供養を受けられ、皆さんが安心しておられました。
 毎年、布教師さまにお説教をしていただいておりますが、今年は趣を変えて「民話の語り部 多勢久美子さん」をお招きして、鶴の恩返しなどの民話をしていただきました。さすがにプロの口演で、みんながすっかり聞き入っていました。
 終って、皆さんにソーメンとお煮しめ食べてお帰っていただきました。
 
本覚寺さま施餓鬼法要
2016-08-01
 上東川津町本覚寺さまの本堂が新築完成し、施餓鬼法要が行われました。真新しい檜の香りする素晴らしい本堂です。冷房がよく効いて、まったく汗をかかずにお勤め出来ました。沢山の参詣者で本堂が一杯でした。
 10月29・30日には落慶式と方丈さまの結制修行が執り行われます。
 
 
水郷祭花火大会
2016-07-31
 30日(土)、水郷松江の夏の風物詩「松江水郷祭湖上花火大会」がありました。私も何十年ぶりにカメラを持って宍道湖岸へ見物に出かけました。沢山の見物客で一杯でした。花火撮影は初めてで、ネットで撮影方法を勉強して臨みましたが、なかなか思うようには出来ませんでした。
 今朝は早朝から花火後の清掃奉仕作業に、松江ライオンズクラブの一員として参加しました。汗が流れましたが、心の中は清々しい気持ちで満たされました。
qrcode.png
http://toukakuji.jp/
モバイルサイトにアクセス!
025711
<<桐岳寺>> 〒690-0872 島根県松江市奥谷町279 TEL:0852-21-5024 FAX:0852-23-6865